ヘッドライン

死ぬ程洒落にならない怖い話-全身黒ずくめ

118 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:05:55.96 ID:t4qKPEpb0
昨年の夏の話。

その夜は友人との飲み会で、かなり帰りが遅くなった。
終電も逃し、このまま朝まで飲み明かすかーって話だったんだけど、私は次の日用事があったので帰ることにしたんだ。
私の自宅は新宿からそう遠くなく、タクシーに乗ればすぐに着くけど、
まあ歩けない距離じゃないし、酔い覚ましがてら歩いて帰るかってことで、暗い夜道を一人で歩いた。


119 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:10:02.74 ID:t4qKPEpb0
賑やかな繁華街を離れ、住宅街に入る。
夜風が気持ちいなあなんて考えながら歩いていると、
突然、暗がりから小学校低学年くらいの全身黒ずくめの男の子が現れて、「むかえにきました!」って私に言うんだ。
私が「え?」って戸惑っていると、
男の子は私の顔をじーっと見つめた後、「あっ、ごめんなさい!間違えました」って走って行っちゃった。


120 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:12:19.36 ID:t4qKPEpb0
なんなの、あれ…
時刻は午前2時を回ったところ。こんな夜中に小さな男の子が一人で外をうろついているなんて、どう考えてもおかしい。
不審に思いながらも、その日は無事に帰宅。
まだ起きていた弟に今あったことを話すと、「死神だったんじゃねーの?持ってかれなくて良かったなw」と笑われた。
私もそーだねなんて笑いながら、さして気にも留めていなかったんだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
121 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:14:53.64 ID:t4qKPEpb0
数日後、近所で不幸があった。
亡くなったのは私と同じ年頃の女の子。原因不明の突然死だったらしい。
そしてその子の家は、あの日の夜、男の子が走って行った方向。

単なる偶然かもしれないけど、本当にあの男の子は死神だったのかもしれない。
もしあの夜、私が間違われたままだったら…そう思うと背筋が寒くなった。


122 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 12:18:01.13 ID:t4qKPEpb0
以上です。
長くなってすみません


124 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:10:42.78 ID:QNMsNbqKO
>>122
全身黒ずくめって、どんな服装だった?
学ランに黒の短パンとか?


125 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:26:47.67 ID:kuSn5LVK0
>>124
いや、上は長袖トレーナーに下は長ズボンだった。
真夏なのに変だなあと感じたのを覚えてる。
あと、顔は暗くてよく見えなかったけど、凄く色白な子だと思った。


126 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:35:09.21 ID:QNMsNbqKO
>>125
ふむ、人によって見え方が違うのですね。
僕の友達は、般若の顔で白い着物を着たのを観たって言ってましたね。


128 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:44:12.77 ID:kuSn5LVK0
>>126
般若の顔に白い着物…それは怖いですね。
そんなのに夜道で出くわしたら失神してしまいそうです。
そのお友達は霊感のある方なのでしょうか?
私は生まれてこの方、霊の類を一度も見たことは無かったので…


129 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 15:56:34.62 ID:QNMsNbqKO
>>128
正確には友達の母親です。
その母親が小さい頃に祖父(だったかな?)が危篤状態で寝込んでいるところに、
枕元にそれが正座した状態で現れ、祖父を見ていたそうです。
そして、ふっと息を祖父に吹きかけると、一瞬で亡くなったそうです。


146 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 21:59:33.91 ID:UEDKmXu60
>>126
病院勤務だったうちの母は、サラリーマン風の眼鏡をかけた人を見ていたそうだ。
書類みたいなのを手にしながらウロウロし、その人が近づいたベッドの人はその日に亡くなるらしい。

ある時、母が心臓を悪くして入院した。
手術前に、
「あの男がきた、お母さん助からないよ。今までごめん。あまりいい親じゃなかったね」
母は手術中に亡くなった。
だから嘘ではないと思ってる。
147 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:07:30.28 ID:VrwJD06R0
逆に助かったとか言う話はないんだろうかな。
生死の境をさまよって息吹きかけられたら助かったみたいな。
イメージが作り出すものって生死の境でも如実に現れるもので、面白い。


150 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:53:08.88 ID:Yr8fgjYC0
>>147
IDが変わっちゃったけど、死神に出会った話をした者です。

私の弟はいわゆる『見える』人らしく、小さい頃から不思議な体験をしていました。
その中で頻繁に見るという、真っ白な男の人。
弟いわく、その男が着ている服はもちろん、肌も髪も真っ白で、とても綺麗な顔立ちをしているそうです。
その男は主に家族が風邪などで寝込んでいる時に現れるらしく、
それが身体に触れると、次の日には嘘のように体調が良くなっていたとか。


151 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:55:27.60 ID:Yr8fgjYC0
以前、祖父が病気を患い入退院を繰り返していた時期がありました。
そんな時、決まって現れるのが例の白い男の姿で、
祖父の身体に触れては消える、という光景を弟は何度も目撃したそうです。

でもある日、弟はその男の姿がいつもより黒くなっていることに気がつきました。
それは祖父に触れている手から始まり、回を重ねる毎、じわじわと男の全身に広がっていったそうです。

その後、祖父の病気は無事に完治し、今でも元気に過ごしています。
しかしあれ以来、家族が病気になろうとも、白い男は一度も姿を見せたことがないそうです。


152 :本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 22:58:29.71 ID:Yr8fgjYC0
これは後に祖母から聞いた話なのですが、
私の家には代々祀られてきた守り神がいるらしく、
それが悪いものを吸い取ることによって、家族を災いから守ってくれているとか。
しかし、その神様の容量がいっぱいになってしまうと今度は悪霊となり、逆に災いをもたらす者になってしまうそうです。

弟が見た男がその守り神だとしたら、家族に降りかかる災難を吸収する度、その姿は黒くなっていったのでしょうか。
今となっては分からないですが、悪霊になっていないことを願うばかりです。

すみません、長い上に少し趣旨がずれてしまいましたが、これが私の知っている『助かった』という部類の話です。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: 怖い話 
カテゴリ:死ぬ程洒落にならない怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -