ヘッドライン

死ぬ程洒落にならない怖い話-エレベータの故

229 :本当にあった怖い名無し:2013/07/12(金) 09:08:38.00 ID:ZZ9IDmHN0
つい先週の話なんだけど、友達の家で遊んだ帰りにエレベータの故障に遭遇した。
ドア横のボタン押したら即扉が開いたんだ。エレベータの足場が来てないのに。
一瞬「おぉっ?」ってなったけど、その時は特に怖くはなかった。
珍しい事もあるもんだ、でもこれあぶねーな、程度の認識だった。
そんで、危ないのはわかってたけど滅多に見れるもんでもないしと思って、
少し距離取ってエレベータの空洞を眺めてたんだ。
中は勿論照明とか無いし真っ暗で見えづらかったけど、
マンションの廊下の明かりでパイプみたいな太い配線とか見えたし、それ眺めてた訳よ。
そんで、ちょっと見づらいなーなんて目を凝らしてたら、
いきなり上からエレベータの箱が凄い速度で下に落ちてったんだよ。
音も何も無かったから全然反応出来なかった。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
鼻先5cmくらいをカスめていきなりゴッて上から下に凄いスピードで落ちてった。
そこで俺は完全にビビって、とりあえず友達の部屋に大急ぎで戻ろうとしたんだ。


230 :本当にあった怖い名無し:2013/07/12(金) 09:08:39.00 ID:ZZ9IDmHN0
そしたら、そこで後ろから音がしたんだよ。チンッて。
その音につられて振り向いてみたら、
何事もなかったように、今まさにエレベータのドアが開く瞬間だった。
勿論俺が振り向いてからドアが閉まるような時間は無かったし、ドアが閉まった気配も全くなかった。
もう完全に混乱して、白昼夢でも見たか狐に化かされたような気分だった。
そのエレベータのドアは暫く待った後、何事も無かったように閉じた。

結局俺は友達の部屋には戻らず、エレベータも使わずにさっさと階段で家に帰った。
もしあの時、物珍しさで空洞の下を見ようとしてたら、と思うと未だに背筋に寒気が走る。
エレベータの管理会社とかに連絡した方がいいのかって迷ってるけど、
多分上手く説明出来ないだろうから、何も見なかった事にしようと思う。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: 怖い話 
カテゴリ:死ぬ程洒落にならない怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -