ヘッドライン

ほんのりと怖い話-ペンキ塗り

オカルト
885 :本当にあった怖い名無し:2013/04/29(月) 21:09:11.50 ID:wx6C9h4X0
どこに書いたらいいのか解らんので。ここで。
実際、たいして怖くはないと思う。

両親と実家住まいなのだが、このGWで父が屋根のペンキを塗り直しをやると言っていた。
私の部屋は二階で、二階は廊下を挟んで私の部屋と兄の部屋に分かれている。
(兄は出て行ったので、その部屋は今は物置)
廊下をまっすぐ行くとベランダに通じるドアがあり、そこから父や私は二階の屋根へと出入りしている。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
実際にペンキ塗りをやった方なら分かると思うのだが、
ペンキを塗る際、先に生じた錆びなんかを金属ブラシ?で擦り落とす。
父は午前中からこの作業を始めると言い、私が手伝うか?と尋ねると、まだいいという返事があった。
父のお呼びがいつかかるのか判らないし、
なにより、何かあったら怖いなーと漠然と思っていたので、
(ここでの怖いは、父が転んだりして屋根から落ちたりしたら、という意味)
自室でずっと厳選洒落怖を読みながら、呼び出しを待っていた。


886 :本当にあった怖い名無し:2013/04/29(月) 21:10:21.86 ID:wx6C9h4X0
金属ブラシで錆を擦る音というのはよく聞こえる。
『ガシャガシャ』という音だ。
この音が聞こえているうちは作業してるし無事なんだろう、と思っていたので、音にだけは注意していた。
午前中から始まり、昼ぐらいまで父はずっと作業していた。
『ガシャガシャ』という金属の擦れる音はずっとその間、絶えずに聞こえていた。

ずっと待っていたがなかなかお呼びもかからない。
音は聞こえてるし、手間がかかっているのかもしれない。
そう思って、私は階下に降りた。そろそろ昼食でも用意しようか、と台所に立とうと思ったからだ。


887 :本当にあった怖い名無し:2013/04/29(月) 21:11:53.14 ID:wx6C9h4X0
一階へ降りて、台所へ向かおうとすると、そこに父が居た。父も昼食の用意をしていたのだ。
私は混乱し、いつ降りた?と聞いた。
降りるも何も、父は一時間前にすでに休憩に入っていたらしい。
え、じゃああの間、聞こえていた音は??
父は「幻聴」と一刀両断し、午後から私にペンキ塗りを手伝わせた。

話はこれで終わり。
別件として、自室の部屋のドアの立てつけが異様に悪く、
勝手に開いたり、閉じたまま容易に開かなくなることが間々ある。
しかし、父に確認してもらうと、容易に開く。
何で勝手に開くのかは、父曰く「気圧の変化」、だそうだ。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: ほんのり 
カテゴリ:ほんのりと怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -