ヘッドライン

ほんのりと怖い話-行きつけのバー

オカルト
828 :本当にあった怖い名無し:2013/08/15(木) 19:20:48.53 ID:0CrGjMbL0
友人の御主人が脳溢血で急逝した。
四十九日が明けてから、友人が御主人行きつけのバーに御主人の死を伝えに行くと、
バーのマスターは御主人が亡くなったことをすでに知っていた。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
週2回ほど、気がつくとカウンター隅の席に御主人の幽霊が座っているのだと言う。
マスターは黙って御主人のボトルと氷と水を出してあげていたが、
御主人が消えるたびにボトルのウィスキーは微妙に減り続け、
とうとう無くなったので「今は水割りを出してる」とマスターは言ったそうだ。
「悪いから主人の名前でボトルを入れてきた」と友人は語った。

ほの怖なのか、ほのぼのなのか、マスターが詐欺野郎なのか、
自分にもよくわからない。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: ほんのり 
カテゴリ:ほんのりと怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -