ヘッドライン

死ぬ程洒落にならない怖い話-気になる言葉

オカルト
410 本当にあった怖い名無し sage New! 2014/03/17(月) 21:12:54.27 ID:HyMnqaPn0
前に木の陰から覗く女の子の話を書いたんだけど、今度は後輩自身の話を書く。

後輩が小6の時の話。

後輩は学習塾に通っていて帰りが遅くなる事があった。
今なら親が迎えに行ったりするんだろうが、その頃は小3の弟と一緒に家まで帰っていたそうだ。
その日も塾が終わり、辺りが暗くなっている中、弟と二人で家まで歩いていた。
帰り道は家の近くの大きな霊園の周囲を回り込む道を通る。
霊園は道路より高い位置にあるので道路の右側が壁の様になっていて、その上に霊園の土地がある。
いつものようにそこを歩き、霊園に沿う様に道を右に曲がった。
すると、いつもは壁になっている右側が何故か階段状になっている。
しかも階段状の部分には沢山の赤ん坊が座り、その真ん中に一人の太った男がうつむいて立っていた。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
後輩は怖かったが、弟の前なので平静を装ってなるべくそちらを見ない様に歩いた。
弟も泣きそうになりながら黙って歩く。
そして次の曲がり角を右に曲がった。
また壁のはずの場所が階段状になっていた。
赤ん坊は居なかったが、階段の一番上に後輩と同じくらいの歳の男の子が一人立っている。
後輩曰く、見た目は普通の子供だが生きている人間じゃないのが何故かわかったらしい。
今度も黙って歩こうとしたが、突然声を掛けられた。
「遊ぼうよ。」
思わず立ち止まり上を見上げると、男の子はこちらを見ている。
「遊ぼうよ。」
また話しかけられたが、怖くて何も言えなかった。
暫く沈黙が続き、もう限界だったのか弟が泣き出した。
すると、男の子は
「あの事、謝っておいてくれよな。」
そう言って壁の向こう側に消えた。
後輩は泣く弟を引っ張りながら家まで帰ったそうだ。
翌日、明るい時間に同じ道を見に行ったが壁は普通に壁で、それ以降階段状になっている事はなかった。
「何を誰に謝って欲しかったんすかね。」
後輩は男の子に見覚えも無いし、「あの事、謝っておいてくれよな。」と言う言葉にも全く心当たりは無いらしい。
そして今思えば、暗かったのに男の子の姿がはっきり見えたのも不思議ですよねと言っていた。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: 怖い話 
カテゴリ:死ぬ程洒落にならない怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -