ヘッドライン

死ぬ程洒落にならない怖い話-蛹

オカルト
295 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/01(木) 13:26:50.16 ID:rzM+6Xjg0.net


Eの同級生に変わった人が居ました。仮にKとします。
KはUとはまた違った意味で変わった奴で、ポケット
に昆虫の蛹を大量に入れている様な奴で。
その噂に興味を抱いたEがKと色々と話をしたそうです。
EによればKは12歳の頃から蛹を集める癖があったそう
です。
なぜ、そんな事をするのかとEは聞きました。
するとKは、「蛹にある事をすると凄いものが産まれる
んだ」と言いました。
Kによると近所に黒魔術好きなおばあさんが居てその
人から色々教えてもらったそうです。
Kが12歳の時、Kのおじいさんが死んだのですが、何と
その時に「魂(おじいさんの)を地獄に引き渡す見返
りにカワイイ妖精が1匹欲しい」と悪魔と取引をした
のだそうです!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Kはおばあさんに教えてもらった通りの儀式を誰も見て
いない時を見計らって葬式の直前に行った(どんな方
法だったのかは教えて貰えなかった)らしいのですが、
その後にお坊さんが来た時「こんな、一体誰が・・・
馬鹿な!外法やぞ!」と凄い剣幕で言って携帯でどこ
かに電話をしたかと思うと勝手に式場を出て行ってし
まい1時間位戻って来ず、親族はたいそう混乱したそう
で、戻ってきた時には頭ハゲの黒服の男達を50人位連
れて来て何故か式場の外で待機させた上で、葬式を再

297 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/01(木) 13:30:22.47 ID:rzM+6Xjg0.net
開した。親族への説明も一切ナシ。Kは「これは本物か
もしれない」と思ったそうです。
その儀式の翌日、真冬だったにも関わらず、たまたま
家の窓にくっついていた蝶の蛹からとっても愛らしい
妖精が産まれて来たのだとKは目を輝かせて言っていた。
窓の外で震えている妖精をKは急いで部屋に入れた。
髪は緑色で肌は青く羽は黄色、そして燃える様なまっ
赤な瞳の妖精だったそう。
嬉しくなっておばあさんにお礼を言おうとしたのです
が、おばあさんはどこかに引っ越した後だった。
近所の人に引越し先を聞いても何も言わずに急に引っ
越してしまったらしく分からないと言われた。

Kはその妖精は今でもとある場所で飼育していると言っ
た。飼育方法は比較的簡単で通常の昆虫の餌で大丈夫
なのだと言った。何でも外見は人の目から見れば妖精
だが実態はポケモンのバグ技みたいなものでこの世の
生物に概念を擬態させて存在しているのでそのベース
になった生物の食性を受け継いでいるのだと。
そして、妖精を得る契約の代償としてにKは死ぬまでの
間生きた蛹を絶体に肌身離さず持っていなけれなならな
いのだとも言ったという。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: 怖い話 
カテゴリ:死ぬ程洒落にならない怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -