ヘッドライン

死ぬ程洒落にならない怖い話-妻

オカルト
643 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/02(月) 00:11:22.45 ID:zgQ7u26g0.net
昨日の晩のことだ
晩酌してる途中の8時頃、ものすごく眠くてしかたがなくなったんだよ
どうにも目を開けていられないから、そのことを女房に言って一人で寝室に行き爆睡した
どのくらい眠ったかわからないけど夜中に目が覚めたんだ
目が覚めたというか、むりやり何かが俺を泥の底から引っ張り出そうとしている感じで
起きなきゃやばい気がしたんだ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
それでもまぶたがくっついていたんで、力を入れて目を開いた
そしたら天井にちかっと薄緑の閃光が見えたんだよ
「えっ」と思って横を見たら、ベッドの脇に女房が立ってて
手に何か細長いものを持ってたんだ 
その先端がバチバチッという音を立てて光ってた
よく動かない体を動かしてベッドのライトをつけた

そしたら女房が電気のコードにタイマーみたいなものがついたのを右手に持ってて
その先のむき出しの銅線が触れ合ってスパークしてたんだよ
それとなぜか俺の布団がめくれて
しかもパジャマがはだけて胸がむき出しになってた
「お前、何やってるんだ」って女房に聞いたら
「あ、今寝るとこだけど、料理用のタイマーが壊れてる感じがしたので調べてたの
 明日の日曜は豪華な晩ご飯作るから」こう言った
なんだそんなことかと思い
「んなの俺が明日見てやるよ にしてもコードつきのタイマーとか家にあったっけか」
こう答えたところで、また強烈な睡魔が襲ってきて
パジャマを直して布団をかけて寝てしまったんだよ
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: 怖い話 
カテゴリ:死ぬ程洒落にならない怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -