ヘッドライン

死ぬ程洒落にならない怖い話-ノロイ

オカルト
550 :ノロイ@\(^o^)/:2015/01/27(火) 10:01:29.65 ID:oH1N2nu20.net
これはごく最近の話で、いまだに冷めやらない恐怖・不思議をわたしにあたえている話である。
2013年はいつにもまして怪異があった年といわれますが、私個人的にもっとも恐ろしく不可解であったのがこの話です。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
「ノロイ」:
当時わたしたちの間でちょっとしたいたずらのような犯罪がはやっていました。
ちょっとひどい犯罪をやっている先輩と呼ばれているひとが某軍事基地から秘密の兵器を盗んできたというのです。
これはたてよこ30cmほどの箱型でスイッチを押し対象の方へむけるとその人が、異常に苦しむというのです。
さっそく私たちはそれをつかって犯罪をしてみようということになりました。

茨城県の某地方にいきそれを当時有名な犯罪に対して熾烈なほどに勇敢で攻撃的なある人物にむかいそれを使ってみようということになりました。
近くの廃屋に機械をもっていき準備がととのったころに、ではやってみようということになり、
先輩がスイッチをおしました。と、そのひとは一瞬くるしそうな声を上げましたが、そのあとウンともスンとも言いません。
死んでしまったのでしょうか・・・。ともかくウンともスンともいわないので、とにかく帰ろうということになりました。
機械をバッグにいれ、帰ろうとしたところ、突然、うわーーーーーーーーー、という声が周囲に響き渡りました。
私たちはわっ、とおもいましたが、何がおこったのか分からず逃げてしまいました。

551 :ノロイ@\(^o^)/:2015/01/27(火) 10:02:32.73 ID:oH1N2nu20.net
そのご、わたしたちの間でそのことが話題に上がりましたが、皆不可解という顔をするばかりで、結局その件はわからぬままでした。


それから数ヶ月たったころ私たちは未だにその犯罪を繰り返しており、わたしはある森の奥地の小屋で遠隔によるいたずらを行っていました。たったひとりで。
小屋の中に大型の銃のかたちをした電磁波兵器と呼ばれるものをある地方へ向けて発射していました。
と、夜の森ですので人の声は一切なく、ただ、風が吹き木々の葉がすれる音だけがなっていたのですが、
どうも遠くの林のなかからクーーウ、という人の鳴き声のようなものがきこえるのです。
私はなんだろうとおもいましたが、誰か仲間が来ているのかとおもい、とくに気にしませんでした。
そのまま、兵器によるいたずらをずずけていると、ふと、遠くの林の方をなにか影のようなものが横切ったようなきがするのです。
何かなとちょっとゾッとしながらみていると、それは影のようで奇妙な動きをしていました。
歩いているのですが、クイックイッっと奇妙な動きをしてあるくのです。遠目にその人には毛髪がないことが分かりました。背丈は150cmくらいで、姿は夜のせいか
全く不明でした。ただわたしに見せつけるかのように、とおくの林の前をクイックイッとあるいていくのです。

わたしはこわくなったので、とにかく一度みんなのところへ逃げようとおもい、いたずら兵器をほうっておいて、外にでました。
この奥地へは近隣の都市とトンネルでつながっており、わたしはそのトンネルのある森の方へ走って行きました。

552 :ノロイ@\(^o^)/:2015/01/27(火) 10:03:01.81 ID:oH1N2nu20.net
いまだにあの影は奇妙な動きをして林を横切っています。もうすこしでトンネルとおもうと、どうも人が葉を踏むような音がするのです。
あ、先輩かあれかが様子を見にきてくれたんだ、と私は救われるようなきもちでその音のする方へ声をかけました。
おーい、だれかいるのかー。しかし、声は帰ってきません。
しかし、足音だけは近づいて来るのです。わたしは何が何だかわからず、とにかくトンネルの中へ入っていこうとしました。
と、そのときその足音の正体がわかりました。月の光に一部てらされたその姿は、体中が皺だらけで、顔・・・顔が異様な笑顔をしていたんです。
それがトンネル前の森の中をまたあの異様なくいっくいっというかんじでこちらに歩いてくるのです。
わたしはとにかくこわくてトンネルの方へ逃げて行きました。

それから数月、仲間たちや先輩にその話をしてもなかなか、信じてくれずわかってもらえませんでした。
しかし、なかに数人、同じ体験をしたという人が出てきました。

どれも、たった一人の時の夜中に私がであったものと同じものにであったというのです。
これはいったいなんなのだろうと、話し合いましたが、結局これは犯罪をして人を苦しめたりしていた、そのノロイではないかという話で落ち着きました。
それいらい、私は先輩や仲間たちにいろいろ言われましたが、ほかの数人といっしょにこの犯罪をするのをやめました。

それからしばらくたっても先輩たちはわたしに、また一緒にやらないかと執拗に迫られていましたが、
私はそのご一切そういったことにかかわることはなかったのです。

関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ: 怖い話 
カテゴリ:死ぬ程洒落にならない怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -