ヘッドライン

山にまつわる怖い話-異様な物体 家族でハイキング

オカルト
『異様な物体』
781 :雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/:2015/04/18(土) 19:22:55.82 ID:vHwuCmsA0.net
先輩の話。

大学生の時分、サークルで山を縦走していた時のことだ。
三日目の早朝に、水を汲みに行った仲間が大きな悲鳴を上げた。
駆けつけると、水場のすぐ側に異様な物体が立てられていた。
杭で尻から頭まで串刺しにされている、マネキン製の案山子。
軍手が被された腕は後ろに回され、荒縄でグルグル巻きに縛られている。
地面に落ちた麦藁帽子は、自然に落ちたものか、それともわざと置かれたものか。
パッと見、まるで人が串刺しにされているように見え、皆が腰を抜かしかけたという。
昨夜水汲みに行った時には、こんな不気味な代物なぞ影も形もなかった。
誰かが夜更けにこんな山奥までこれを担いで来て、ご丁寧にも突き立てて行ったのだ。
杭の根本の土は、掘り返されたばかりとでもいうように黒く湿っている。

予定を急遽変更し、出来るだけ早く山を下りたそうだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
『家族でハイキング』
782 :雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/:2015/04/18(土) 19:23:47.41 ID:vHwuCmsA0.net
友人の話。

家族で近場の山にハイキングに出かけた。
昼時に弁当を広げていると、子供が手にした林檎を取り落とした。
コロコロと下草の間に転がっていく果実を、子供は慌てて追いかけて行った。
笑いながらそれを見ていると、耳元で声がした。
「それもおくれ」
ギョッとして振り向いたが誰もいない。
「あれ?」という妻の声に目を戻すと、もう一つあった筈の林檎が失くなっていた。
やがて子供がしょんぼりとした様子で帰ってくる。
「林檎、失くしちゃった」と情け無さそうに言う我が子に、
「いいから、いいから」と取りなして座らせ、弁当の残りを平らげさせた。

声が聞こえたのは彼だけだったようで、家族には黙っておくことにした。
今でも時々そこに遊びに行っているらしいが、あれ以来声は聞いていないそうだ。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ:  
カテゴリ:山にまつわる 怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -