ヘッドライン

托鉢の僧侶

オカルト
606 :本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 16:38:58.61 ID:i9wwrjQx0
海の話です。

本土の漁村の沖には島があり、そこにも人が住んでいました。
比較的大きな島で、全体に集落が五つほどありました。

その島の最も大きな集落に、ある日、托鉢の僧侶がやって来ました。
初老で痩せた彼は、静かに家の前に立って経を唱えます。
なにがしかの施しをする者もいましたし、無視する者もいました。
彼は、無視されたら静かにその家の前を立退き、次の家にいって経を唱えながら立つのです。
そうして集落で一軒一軒まわって、次の集落に徒歩で向かいます。
十日ほど見かけられましたが、その後、姿を消しました。
ああ、船で本土に帰ったのだな、と皆思ったそうです。
直後、島のAさん(男)が死にました。
年寄りでもなく元気だったのに急に熱をだして死んだ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
それから1年経って、またその旅の僧侶が島にやって来ました。
一年前と同様に、島の集落を一戸一づつ回りました。
すでに秋口になっていました。
彼が去ると、今度はBさんが死にました。Aさんとは別の集落の人です。


607 :本当にあった怖い名無し:2013/11/11(月) 16:40:44.25 ID:i9wwrjQx0
村人たちに噂がたち始めました。
「あの坊さんは、どこからやってくるのだろう?」
各集落の人が会って話をしても、だれもその僧侶を船に乗せてきたものがいないのです。
さらに、彼らはこのようにも考えました。
「あの坊さんが来ると、必ず島のものがだれか一人死ぬ」

三年目に、また僧侶がやって来ました。
島の人々は恐れ、不安が広がりました。二度あることは三度ある。
また誰かが死ぬのではないか?
一体この僧侶はどうやって島に来て、どうやって帰っていくのか?
島のどこに寝泊まりしているのか?
もうこの僧侶に施しをする者もいませんでした。
家のなかから厳しく「なにもでないぞ!」と叫ぶのが常でした。
島の人々は、僧侶の寝泊まりしている場所を探しましたが、どこにもそのような跡はない。
僧侶のあとをつけていく者もいましたが、彼は山の斜面を驚くような速さで登って行き追手を振り切ります。
その後、島の裕福な家の長男が死にました。

島の人々は、本土の村で真剣に僧侶について尋ねました。だれが島に彼を連れてくるのか?
しかし、どの村でも「そんな坊さんは見たことがない」といいます。
何年もそのような僧侶はどこにも来ていなかったのです。
関連記事
良かったらこの記事についてコメント欄に感想を書き込むかツイッターかフェイスブックで拡散お願いしますm(_ _)m

この記事へのコメント

スポンサードリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
タグ:  
カテゴリ:海にまつわる 怖い話

トラックバック

URL :

おすすめ記事

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索フォーム
相互RSS募集中
相互RSSや削除依頼の連絡はこちらまで
ブログランキング
応援よろしく(*´∀`*)
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(雑談・VIP)へ
カテゴリ
人気記事
ほんのりと怖い話最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア

アナリティクス
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -